ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「文化+α」による寧波の国慶節の休日旅行
2018-10-08フォントサイズ: A A A

    2018年の国慶節休みには、寧波・ニース国際カーニバル、博地映画ショー芸術カーニバル、渓口の「民国風俗ショー」などの「文化+α」の旅行活動が全面的に寧波の国慶節の人気を集まった。10月7月以来市の旅行発展委員会のデーターによると、10月1日から7日まで、全市延べ873.88万人の観光客を接待し、去年より7.21%増加した。観光業の収入は67.88億元、去年より8.15%増加した。


    2018年の国慶節の連休には、わが市は本場のフランスのニース国際カーニバルを導入し、7日間には13回の演出を行った。わが市が連日露天大型の活動の記録を刷新した。延べ15万人が鑑賞した。カーニバル期間、観光客はチケットがあれば、無料に渓口を観光することもできる。上海、杭州などの周辺都市から来た外国人の方々は天一閣、東銭湖、慈城などの観光地をゆっくりと観覧した。周辺のホテルと飲食に活気をもたらした。


    休み期間、わが市の各観光地には豊富な活動があり、市民たちと観光客に様々異なった体験を提供した。

【印刷】 【閉じる】