ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
 鄞州全域の観光地 国慶節休みに「大人気」
2018-10-05フォントサイズ: A A A

寧波(鄞州)博物館には、「古代エジプトの生命観」、「清の寧波孔子廟祭祀の礼楽器展示」など重要な展示が登場した。祥鎮のブルー海湾で海の景色を楽しみ、蟹を釣り、泥砂で遊ぶなど精彩たる文化体験と生態リゾートの二本足並行システムを実施している。国慶節には、鄞州の多くの「ネット人気観光地」が大変賑やかなで、市内と市外の観光客をいっぱいひきつけた。全域の観光の新たな焦点になった。統計によると、国慶節の前の三日間には、鄞州の主要観光地の延べ観光客人数は21.9万人に達し、営業収入は1358万元があり、去年より13.5%増加した。

休日観光の持続的な人気は、鄞州区の積極的な政策と関わりがある。市民たちの美しい生活に対するニーズを把握して、観光商品をどんどん開発し、市場供給に励んでいる。鄞州区には文化が集め、都市部の繁栄と農村部の美景を兼備してある。2018年以来、鄞州区は着実に都市部と農村部の環境品質を改善しつつ、文化、生態、観光、ビジネスなどの資源を整合して、観光商品と消費環境を整えた。休日活動を育ち、多くの方法を使って観光品質の上昇を図る。区の「応接間」と「裏庭」を作り上げる。

「石家荘の観光客が初めて寧波に来て、私たちは彼らを寧波(鄞州)博物館に連れて、都市の歴史を紹介した」と南部商務区の張夏彦を話してくれた。寧波(鄞州)博物館は国慶節には「天安門模型製作」、「古代エジプト及び宝探し」などの7大特色活動を行い、3日間には、4万人の観光客をひきつけた。


【印刷】 【閉じる】