ホーム
> 寧波ニュース > 写真ニュース
ニース国際カーニバルの観光団
2018-10-02フォントサイズ: A A A

929日午前中、天一閣博物館の前に人が賑やか、英語、ドイツ語、中国語と各種類の外国語が交じり、古い歴史がある天一閣に「国際風」を添えた。これは上海から来た「外国籍の観光グループ」で、約100人、中の多くは大学の留学生だった。寧波についてから彼らは相次ぎ杭州湾国家湿地公園、寧波ニース国際カーニバル活動の現場、天一閣博物館と奉化渓口雪トウ山を見学した。

  その中の多くの外国人が初めて寧波を訪問する。彼らにとって、寧波の空気がきれい、道路が清潔、一つ短い訪問だが、結構いい印象を残した。「わたしは上海、蘇州も行きました。寧波はまるで縮小版の上海見たい。とてもモダンで、上海ほど混雑ではない」とウクライナーの学生キビーが語ってくれた。


【印刷】 【閉じる】