ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波市「孝行友愛、近隣友好」イベント スタート
2018-10-15フォントサイズ: A A A

 もうすぐ重陽祭。より重陽祭のイベントの内容を豊富にし、和やかな祝日ムード作りに、寧波市は全面に「孝行友愛、近隣友好」のイベントに開催が決められた。綿密に民間文化や孝行、良好な近隣関係、ボランティアなど四テーマの200回近くのイベントの準備が進められている。

 

 寧波市精神文明事務室と市婦人連合会と共同で第5回家庭文化祭、町内読書祭、「好い家風」ストーリ、親子遊学、故郷料理大会女性など豊富で多様な内容を含めたのである

 

 寧波市教育局、団市委は2018年寧波市「1元慈善家」、「親の恩を感謝し、親の思いを覚え、親の情を銘じる」といった敬老イベントを繰り広げられるという。学生らが老人ホーム、コミュニティ、農村部のお年寄りの家へ歩いていき、敬老の伝統を受け伝えていこうという認識を身につけてもらいたいのである。

 

 寧波市精神文明事務室が2018年近隣親睦祭イベントも行われ、コミュニティの住民が交流、信頼や友愛の関係を築くため、「百家宴」、「最も美しい家庭」、「近隣の愛・近隣の情」、「文明フィットネス、親睦近隣町」、「隣の家へ」などのイベントをキャリヤーにし、近隣友好の雰囲気を盛り上げる。寧波市婦人連合会は「最も美しい家庭」を探すイベントを展開し、多くの家庭の参加を期待し、文明社会の発展を促進することを目指している。

【印刷】 【閉じる】