ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波交響楽団の新年コンサート 兪峰指揮
2018-01-03フォントサイズ: A A A

20171231日と1811日の夜、2018寧波市新年コンサートが寧波大劇場で開催され、中央音楽学院の院長、寧波交響楽団芸術指導兼首席指揮の兪峰教授の指揮の下、2018新年祝福を届けてきた。

  

コンサートは太鼓号曲の中で幕を開け、ヨハンシュトラウスのオペラ『コウモリ』序曲、江南風格の『紫竹節』と『雷電ポルカ』などが演奏され、観衆に音楽の魅力が伝わってきた。


 その外に、オペラ作品『呦呦鹿鳴』と《カルメン》の一部が演奏され、寧波交響楽団のレベルアップを体現し、歌声、琴音、拍手がコンサート会場で響き渡っていた。最終、交響曲『港通四海海糸之路』が演奏され、終わろうとしている。兪峰院長はアンコールに応え、何曲も演奏され、クライマックスを迎えられ、拍手の中で幕が降ろされた。


【印刷】 【閉じる】