ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
金匯小鎮核心区 開園
2018-01-03フォントサイズ: A A A

建設中の省レベル特色小鎮として、月湖畔の湖西に位置する金匯小鎮核心区が開園された。

 

 金匯小鎮の月湖地区は寧波の伝統的な金融中心として、「規元交易」「帳簿制度」がいずれもここから生まれたのである。今、建築面積20万㎡の詩情湖西~金匯小鎮はその伝統を受け継ぎ、寧波金融中心の重任を引き受けるということになる。紹介によると、金匯小鎮は新金融産業を核心に、陽光ファンド、産業基金、資産管理及び保険、証券、先物などを主導産業にして、文化産業も取り入れ、次第に産業、町、人、文化の「四位一体」の新金融文化産業生態の融合的な発展が望まれる。 


【印刷】 【閉じる】