ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波の家具輸出額 4.8億ドル
2018-01-12フォントサイズ: A A A

  寧波検査検疫局によると、2017年寧波は輸出した木製の家具が28962ロット、輸出額は4.8億ドルに達した。去年よりそれぞれ14.6%と17.1%増加し、歴史記録を刷新した。


  寧波の木製家具が主に欧米と日本などの伝統市場に向け、売り筋はなかなかいいだ。中国国内には多くの木製家具企業があり、輸出の家具の種類は、木製、板式、フレーム式、木床材、木製工芸品などがある。その中に、木製家具の輸出企業が370社ある。目下、グローバル的に原木製風が流行り、寧波木製家具輸出企業にとって好都合だ。慈渓市の啓達家具有限公司の責任者張小其さんの紹介によると、去年会社の商品がドイツ、イギリスとアメリカでは、すべて順調よく販売されていた。売上額は600万ドルを突破した。


【印刷】 【閉じる】