ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「智本」と「資本」の姻戚関係
2018-01-10フォントサイズ: A A A

    5年前、寧波が「天使の城」という構想を提出し、全国で率先に政府によるエンジェル資金の投入が開始した。5年後、寧波エンジェルファンドの現状が以下のようにある。寧波エンジェル資金が190個の科技創新項目を投資した。投資額が1.67億元に達し、投資機構と民間投資の7億元の投資額をもたらした。間接的に他の社会投資額10.6億元を誘導した。投資した項目の主な経営者の中に90名が博士、70名余りが海外から戻ってきた留学生、15名が国家千人、省千人計画の専門がいる。「智本」と「資本」の姻戚関係が寧波でますます重要視になってきた。


 現在、寧波のエンジェルファンドの投資がすでにわが市の一枚「ゴールデンカード」と経済高速発展の「助力器」になっている。蘇州、杭州、西安、瀋陽などの20個あまりの都市の関連部門が寧波で考察をし、「寧波モデル」を複製しようとしている。

【印刷】 【閉じる】