ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市の「1112」プロジェクト
2018-01-10フォントサイズ: A A A

    また一人の中国工程院の院士が寧波で工作室を設立するようになった。12月26日、寧波市第二病院が「李蘭絹院士工作室」の契約を行われた。同時に院士リモート診断センター、浙東感染病精密診断センターも設立した。現在まで、寧波市衛生部門がすでに9つの院士工作室を設立した。


    ハイレベル人材の不足がわが市の医療衛生事業発展のボトルとなっている。ほかの都市と比べて、わが市は優秀な専門と臨床に特色が有る専門が少ない。ハイレベルの人材(団体)も少ない。今後、わが市がもっと多くの院士、学術リーダー、技術リーダーなどの人材を導入して、優秀な医療衛生人材を寧波に集まる。


    「名医・名課・名院」の建設を加速させ、「健康寧波」の建設に有力な人材サポートをする。わが市が衛生人材についての新しい政策を策定し、「1112」プロジェクトを実施する。わが市が2020年の年末までに以下の計画を実施する。ハイレベル人材を10名、学術リーダーと技術リーダーを100名、優秀な博士100名、優秀な青年人材を200名を導入する。

【印刷】 【閉じる】