ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「個性化園区」 青年の創業者を支援
2018-01-01フォントサイズ: A A A

鄞州区滄海農博園には新しい「お客さん」を迎えいれ、4つの大学生創業チームが農村電子商会社を立ち上げ、鄞州区大学生(青年)の創業パークで「青く農場」を構えていた。「個性化」を重視する電子商園区と孵化プラットホームの興りに従って、鄞州の創業環境が日一日合理化され、自由な発想を持つ青年の創業者が活躍している。

 

鄞州区の大学生(青年)の創業パークで「苗木畑区」で、青年創業者が市場と政策の指導先生のもとでパートナーを探し、創業「金アイディア」の実現を模索している。統計によると、「苗木畑区」で年間企業は新起業およそ200社近く、市場ニーズに応え、優秀な創業プロジェクトが実ったという。

 

  統計によると、今年鄞州区は電子商企業が200余り新たに増加し、年間売上高は300億元を上回ると見込まれる。売上げ1億元の電子商プラットフォームが10個あまり、年間総取引額は2000億元に上ると言う。


【印刷】 【閉じる】