ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
象山港漁業資源 回復スピード今年最速
2017-09-09フォントサイズ: A A A

寧波市海洋漁業研究院の最新の調査のデータによると、2017年、象山港の漁業資源の数量は明らかに増え、構造が更に合理化され、その回復スピードが今年最速である。これは2017年の国家によって実施された新しい夏季休漁と寧波市史上で最も厳しい海洋漁業管理監督の下で得られた結果ともいえよう。

   2017年、象山港海洋海域へ漁で漁船が多く駆けつけ、例年に比べて豊漁なのである、黒タイ、褐色菖などの優良品質の魚が多く釣られた。また、2017年の象山港のクラゲの数量が数年来最多で、6、7月に最盛期を迎え、小型漁船は一日あたり5百キロに上ったこともあり、これも象山港の生態環境の持続的に改善された一つの例証である。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统