ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
制造業の智能的モデルチェンジを後押し
2017-09-12フォントサイズ: A A A

99日、寧波市経信委、中国通信工業、寧波市ソフトウェア業協会の共催、「智能製造万里の行」――寧波国際工業ソフトウェア寧波フォーラムが開かれ、「新ソフトウェア、新体系、新モデル、新智恵、新寧波」をテーマにし、制造業のモデルチェンジ、質量向上、智能製造業の発展を促進することを狙っている。

 

智能製造は「中国製2025」を目指し、制造業の発展智能製造を目標にした工業ソフトウェア発展と応用である。今回のフォーラムで、中国電信、寧波舜宇、大連華信など企業がの責任者は、智能製造が実践の中での応用、数字駆動、工業物流ネットワーク、智能デジタル化工場の建設などについて経験交流をしたりした。寧波市の制造業、智能装備企業、智能製造メーカーに工業ソフトウェアと智能製造領域の最前線の理論と成功した実例を紹介し、制造業インテリジェント化のモデルチェンジに示唆を与えたのである。

 

フォーラムで中国通信工業協会と寧波市智能製造協会が協議を締結し、人材育成、情報技術の交流などにおいて協力しあい、寧波市の工業ソフトウェアを核心とする智能制造業の発展を推進することを協調した。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统