ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
大目湾――象山県の海綿都市のテスト地域
2017-08-09フォントサイズ: A A A

  8月7日、象山県の大目湾開発管理委員会によると、県の海綿都市のテスト地域として、大目湾新城が現在すでに2.4万平方キロの海綿都市区域の建設を完成し、投資額は1.49億元に達する。

  企画によると、この地域に新しい設置した道路、河川景観、中心広場など、すべて海綿都市の建設指標が含まれている。その範囲を衆楽河、清心河などの8つの旧市街地から海綿園林、海綿小区までに拡大した。同時に大目湾海綿都市工程項目の備蓄制度も設立し、項目の管理と実施を厳しくコントロールをする。建設計画を立てるとき優先的に海綿都市の建設理念を導入しなければならない。

下半期の大目湾には、新しく松蘭大道の西部分、衆楽河などの景観項目の20万平方メートルの建設目標がある。そして、象山県が三年間に全部の3平方キロの海綿都市の建設を完成させようとしている。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统