ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
杭州湾新区10度のうち 2度の光伏発電ある
2017-08-11フォントサイズ: A A A

寧波海晟エネルギー発展有限会社が建設した国境を越える倉庫一期屋上光伏発電所が完成して、そして正式に電力系統をつないで発電した。プロジェクトの総投資は約2200万元で、総電容量は3.63メガワットで、毎年約370万度発電すると予定されている。毎年、1110トンの石炭を節約することができるという。

 

  屋上光伏発電以外、また自転車置き場の屋根を利用して、発電するのも杭州湾新区が光伏発電の一つの特色だ。世界でもっとも大きい光伏建築一体化としての上海自動車グループの55メガワットのプロジェクトは、順調に一期20メガワット光伏一体化プロジェクトを完成した後で、今年初めに勢いに乗って2期のプロジェクト建設をスタートして、一期と二期が全部完成したら、上海自動車フォルクスワーゲン寧波支社の電力の20%のニーズが満足できるという。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统