ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
留守子供へのケア
2017-08-11フォントサイズ: A A A

8月9日、「連盟行動――甬潤童心」というプロジェクトは寧海県岔路鎮幹坑村でスタートして、寧波市初留守子供ケアサービスステーションは正式に成立した。

 

 「甬潤童心」プロジェクトは公益連盟のもう一つの公益行動で、メンバーの次世代基金会が実施を行い、できるだけ寧波市子供ケア仕事のブランドになるように努力する。

 

  現在、寧波市には、1750人の「五老」志願者は「留守子供ケア」の教育、導き、扶助の方面で活躍して、1800余りの留守子供と心を結んでいる。「甬潤童心」プロジェクトの実施は、もっと多くの愛の力を集め、仕事委員会の組織優位を発揮し、多くの「五老」人員を動員して、困っている留守子供にサービスを提供するのを目指している。寧波市関心工作委員会の邵孝傑主任が、同時に民政などの関係部門と長い効果の構造を作り上げて、留守子供ケアの保護体系の創立を推進すると示した。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统