ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
渓口 文化の旅をスタート
2017-06-14フォントサイズ: A A A

611日と12日、渓口蒋氏旧居観光地に早くも「民国風」が吹き込み、民国文化を体験する長江デルタの観光客やメディアの記者に目を楽しませた。


渓口は「民国第一鎮」と称され、民国の史跡をそのまま保存されている。ここ数年、渓口文化と観光を結び付け、民国文化を観光の中に溶け込み、演劇『夢回渓口』、歴史サロン『武嶺大講堂』などを体験するコースを設けた。また、雪竇山観光地、田舎観光スポットは蒋氏旧居と協力し、民国文化の旅、弥勒文化の旅、水蜜桃狩りの旅という三つのコースを目玉にして観光事業を展開されるという。


「民国文化」の観光をより広く知ってもらおうと、渓口は銀泰公益と協力しあい、2年連続中国近現代史青年学者セミナーを主催したり、国内外学者を招いたりするなど、民国文化の研究に関心を集めることによって奉化と渓口知名度と影響力を高めることを狙っている。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统