ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波初めての工業聯網産業園区 江北に根付き
2017-05-19フォントサイズ: A A A

    寧波工業物聯網産業園区は5月17日に正式に江北区で登場した。寧波市始めての工業物聯網産業園として、当園区は十分に工業物聯網産業発展のリーダ的な役割を果たし、寧波市伝統製造からマルチ製造、サービス型製造へのモデルチェンジを推し進めることになる。


    工業物聯網は寧波市『中国製造2025』手本都市づくりに焦点が当てられる八大重点業界の一つであり、寧波市新たな情報技術発展の重点であると同時に、マルチ製造の実現、マルチ経済発展の肝心なサポートでもある。


    全国最大の鋼製秤トランスデューサー製造企業の柯力グループ、国内軌道交通設備分野の首席サプライヤーの中車時代、世界単体規模が最も大きい水道メーター生産基地の寧波水表グループ...近年、江北工業物聯網産業は徐々に発展を遂げ、高性能センター、第二代物聯網システム、智慧水務、マルチ電気メーター、マルチ安全防備設備を主とする産業構造を構築することができた。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统