ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
初回浙江飲食ブランド創始者大会 寧波で行われ
2017-05-19フォントサイズ: A A A

517日、寧波市甬邦飲食連合会の主催で初回浙江飲食ブランド創始者大会が幕を開き、百名あまりの国内優秀な飲食ブランドの創始者らは寧波に集まり、低利潤の飲食企業がいかにブランド作りを通して生き残るかについて相談した。


今回の大会は相次ぎ五回のテーマスピーチと二回のフォラムが行われ、違った角度から飲食企業のブランド作りにアドバイスをした。その中、中国飲食「オスカー」と呼ばれる「中国好餐庁」は100万人入るオンラインインターネット学習プラットフォームを作り上げ、タイムリーな評価と持続的に更新される顧客満足度リストでレストラン側に自己調整をさせる。


   全国初の飲食産業終身師弟制起業インキュベーション生態学院――「衆慧師院」は人材の養成に注力、自ら伝統飲食業の「師弟制」を取り戻し、技術の伝承と経営モデルの革新を重要視している。


   その他、杭州寧波両地の飲食ブランド創始者代表はまた飲食文化の伝承と創新、供給チェーンの強化とレベルアップについて意見を交わした。中国調理大家戴永明、丑啓明も現場に足を運び、会議に参加する企業家達とインターネット時代で伝統料理の改善方法について討論した。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统