ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
「三会」期間、23個重点プロジェクト締結
2017-05-17フォントサイズ: A A A

 第三回中東欧博覧会、第19期浙江商談会、第16期消費博覧会は間もなく開幕する。現在まとめた23プロジェクトの情況から見ると、外資系の投資態勢が年々上昇することが明らかになっている。米国、フランス、日本などの伝統外資を導入できる主要な国以外、今年またイスラエル、ノルウェー、チェコなどの国の投資を導入しそうになる。ハイエンドプロジェクトが大幅に上がり、23プロジェクトの中に、ハイエンド制造業プロジェクトが10個で、43%を占めている。世界トップ500の買収合併プロジェクトがあれば、600万セット空気検測設備生産ラインと高性能塗料の企業もある。

  

 寧波市のサービス貿易が着実に進むとつれて、今年契約を締結したプログラムの中に、サービス業プロジェクトが12個あり、およそ半分を占めて、しかも「品質」も喜ばしい。「いままでサービス業プロジェクトの中に、不動産開発が多かったが、今年は不動産類プロジェクトが3つしかなくて、その他、研究開発、金融、貿易類サービスなどがある」と責任者が紹介した。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统