ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
ロボット取引博覧プロジェクト 余姚登場
2017-05-17フォントサイズ: A A A

 中国雲城及び国際ロボット取引博覧センターは余姚で基礎を定め、スタートした。全国の初の総合的ロボット取引博覧マーケティング、つまり浙江長江三角州ロボット交易博覧市場は15日オーペンする予定だという。

  

 聞くところによると、「中国雲城産業基地プロジェクト」は余姚市政府が華晟基金と共同協力で、「産業都市融合」と「産業融合結合」を目標にして、知能製造、ビッグデータ技術、インターネット+などの新興科学技術産業を主要な特徴とする都市総合開発プロジェクトを孵化するという。このプログラムは、産業導入アップ、産業孵化投資、雲インフラ建設、都市更新などの一連資源整備を含む。

 

 国際ロボット取引博覧センターは寧波市が知能経済発展政策を実施する重要プロジェクトのキャリヤーの一つで、将来は、ロボット研究開発、展示、博覧、取引などの機能を一体化にする大型総合センターを建設し、余姚市の知能製造産業アップ発展を後押すことができるという。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统