ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
渓口雪竇山観光区域の周辺生態整備に新たな対策
2017-05-15フォントサイズ: A A A

奉化農林業部門によると、渓口雪竇山観光地域の周辺の7.5万本の花と木にQRコードの「身分証」をつけ、公益林管理保護の契約を締結した。

ここ数年、雪竇山観光区域の生態を整備するため、奉化区農林業部門は渓口鎮と協力し、花木成長地に紅豆杉、銀杏、カヤなど貴重な木種64.5万本を植え、その面積は16125ムーに上った。

花樹農家の利益を保護するため、樹の移植による山への破壊を避け、渓口鎮鎮政府が観光区域の中心部の西坑、東2村で、農家所有の花樹を買い付け、公益林に変えさせた。去年渓口は合わせて花樹面積750ムー、7.5万本を買い付け、すべてQRコード「身分証」の形で登録し、農家と公益林保護の契約を締結した。今年、また線の西坑、東山、直3村で苗木700ムーを買い付ける予定である。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统