ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
国境を越える電子商「双十一」 税関輸入量700万件に上る見込み
2017-11-08フォントサイズ: A A A

2017年「双十一」商戦が繰り広げられている。寧波市の電子商が着々に準備が進められ、電子商商戦に備え、去年を越える商品を入荷している。

 

 寧波保税区越境貿易電子商取引センターは寧波の越境電子商の集合地として、ここに35の越境電子商の専用倉庫に大量の輸入商品を詰め込み、職員が仕分け作業に追われている。現場では熱気があふれている。職員の紹介によると、越境電子商が「双十一」に対応するため9月から商品の買い入れの準備を始め、その月の保税区にある電子商の輸入商品額が7.5億元に達し、同期と比べて25.5%増加し、同期比で40.4%増加し、保税区にある越境電子商の月あたりの新記録を記した。順調に通関できるよう、監督部門は早めに対策を立てたのである。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统