ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
海曙創客157 工信部の試験園区に入選
2017-11-08フォントサイズ: A A A

海曙区博洋グループ創客157創業創新園が工信部試験園区に入選され、市での初入選を果した。

 

 創客157は寧波市で初めての民営資本全額出資によって設立された孵化園区である。園区はオフィスエリア、創業孵化エリア、投資融資サービスエリア、園区居住区、スポーツエリア、飲食街などを含めて総面積は14234㎡、6700万元を投資した。今80社が入園し、稼働率が82%に上り、その中紡織服装とその関連企業が63社あり、そこでデザイナー67人が設計に携わっている。2016年の売上げ額が148億元であったという。


中堅企業博洋グループの優勢を頼りに、「自営化社区」の概念を提出し、創業団体にワンストップ創業サービスを提供する。創客157創業創新園の責任者にによると、このモデルを通して、2016年アパレルブランド17個を孵化し、投資融資を受けた企業など18社、融資額は4271万元に達した。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统