ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波第九回科技体育運動会
2017-11-06フォントサイズ: A A A

    11月4日、寧波市第九回科技体育運動会が東銭湖中心小学校で開かれた。80箇所の学校の2500名青少年選手が大会に参加した。


    飛行機と電気車の模型操縦競技などの「子どものゲーム」がなぜそこまで大きくなれたか。東銭湖中心小学校の童軍校長がこのように話をしてくれた。「近年、ずっと体育に回帰する教育が話題になっている。科技体育は科学技術をスポーツをうまく融合した。スポーツの部分があり、知識学習の部分もある。競争意識を育つと同時にチーム精神を重要視されている。科技体育の入門が簡単だ。例えば、紙折の飛行機、ゴム飛行機、車、船などの模型類があり、子どもは興味さえあれば、簡単に参加することが出来る。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统