ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波 省クラス農業製品品質の安全県の最多の市に
2017-10-09フォントサイズ: A A A

 寧波市は国家農業製品品質創建の契機を利用し、問題点を明確し、農業製品品質の安全ネットワークを構築するようにしている。国家農業製品品質創建はよいスタートを切った。現在、奉化、象山、慈渓、余姚、寧海、鎮海など6区と県(市)は次々と省クラス放心県の検査に合格し、寧波は省クラス農業製品品質の安全県の最多の市となった。

 118の農業郷・鎮は「三位一体」の公共サービス体系の建設を通して、農薬残留検査所を設立した。鎮海、北侖は第三者検査測定機関と合同で業務を行なう形で、区級農業製品品質安全検査測定センターを設立した。慈渓市は県内の4社の検査測定センターを農業測定戦略連盟に統合し、民間測定機関に公開競売を行い、政府によるサービス購買の形で、農業生産の主体に一定量の検査サービスを提供するということである。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统