ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波人力資源社会サービス コミュニティへ
2017-10-09フォントサイズ: A A A

寧波市就業管理サービス局によると、寧波市の154個の街道(郷・鎮)で全部実施後、人力資源社会サービスが急速にコミュニティへ移行し、10月で100のコミュニティ(村)で自動サービス機を設置し、2018年の初めまでに、合わせて500台に上る予定である。多くの市民がコミュニティで社会保険、就業、創業、人事労働関係などの書類の申請できるという。

 

  調査によると、10月1日から、不規則就業者の社会保障の申請、職業資格証明書の検索、医療保険個人証明書など29種類の市民の生活に関わる書類が印刷できるようになる。全部79項に上るということである。この自動サービス機は行政改革の一つとして、市民により迅速便利なサービスを提供していた。


【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统