ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
中国――中東欧国家貿易便利化 国家検査実験区(北侖核心区)スタート
2017-10-11フォントサイズ: A A A

    中国――中東欧国家貿易便利化、すなわち国家検査実験区(北侖核心区)が正式に設立された。五大実験区の一つとして、寧波経済技術開発区現代国際物流園区が全国初めて貿易便利化をテーマとする国家検査実験区になった。

 中国――中東欧国家貿易便利化、すなわち国家検査実験区の五大核心内容には、北侖が三つを占めている。今年の4月から寧波経済技術区と北侖輸出入検査検疫局が『共同に「中国――中東欧国家貿易便利化国家検査実験区(北侖核心区)の合作に関する覚書」を調印した。それ以来、核心区の建設が順調に進み、1月から8月まで、実験区が輸出入の金額を38.9億ドル実現し、去年より10.5%の増加を実現した。貿易企業が568社を導入し、全国6094社の生産企業とかかわりを持ち、すでに寧波の最大な輸出入商品の調達地になった。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统