ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波客運船舶 点検修了
2017-01-08フォントサイズ: A A A

    2017年お正月運輸は1月13日から始まり、5年以来始まりが一番速いお正月運輸となる。予測によると、2017年お正月運輸期間中、寧波市水上客運輸量は去年同期と比べ2%前後増えると見込まれている。水上客運輸の安全を確保するために、寧波市海事局は管轄区内お正月運輸に使われる予定となっている99隻の客運船舶に対し、全面的な安全点検を行った。

 

    1月6日まで、寧波海事局は合計218人の法律執行者を派遣、193回の各類客船安全欠陥を正し、41本の客運輸線路、9000あまりの客席にかかわり、舟山海事局と5隻の船を相互検査した。2017年お正月運輸水上運輸客流状況に基づき、当局は厳密な検査を行い、臨時的に利用させる船舶に対しても、「まず検査、それから運営」という方針を徹底的に貫くことになっている。

 

     気象部門の分析予測によると、2017年お正月期間中、台風「ラニナ」の影響で、浙江省一部の地区では氷雨天気、海上強風、可視度不良天気になる恐れがあるため、海事部門は旅客に天気状況に注意を払い、合理的に外出を計画するようと呼びかけている。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统