ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
2017年寧波不動産 安定発展
2017-01-08フォントサイズ: A A A

    2016年を振り返り、年初全国範囲の「ゼロ頭金」で在庫処分から、国慶節からの新たな不動産監督管理政策の実施まで、寧波市不動産は安定した発展趨勢を見せ、住宅購入者の考え方も理性的になった。

 

    最近開かれた中央経済工作会議では、「住宅は住むためにあり、投資のためではない」と強調、その後開かれた全国住宅城郷建設工作会議も「不動産市場の安定で健康的な発展を確保」と明確に定めた。よって、現在業界及び市場変化の段階的な特徴の把握といい、マクロ経済発展の全体といい、2017年不動産市場発展は「安定発展」を主要基調としている。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统