ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
多くの公園緑地 2017年利用可能
2017-01-08フォントサイズ: A A A

    城管園林部門1月6日の提供した情報によると、寧波市多くの公園と緑地は2017年に利用可能になるという。現在まで、海曙区夏禹公園、包家河公園二期、江北湾头東線濱江绿化工程、奉化江濱江緑地、鄞州公園二期、院士公園、寧波植物園、ハイテク区濱江水韻公園及び大榭松止公園など18のプロジェクトは既に完成されている。

 

    一年あまりの施工を経て、ハイテク区に位置する濱江水韻公園は既に対外開放した。濱江水韻公園は西は始老楊木碶河、東は院士路、北は甬江、南は甬江大道に接している。設計は人文、生態、運動などの概念を一体化し、「海綿都市」の理念を取り入れ、住民に好い遊び場、生態内包、健康運動の活動空間をもたらすことになる。建設内容は生態公園と体育公園と結合し、公園緑化景観、園路、公衆トイレなど公共設備が完備、サッカー場、バスケットボール場、ゲートボール場、フィットネス区、児童遊園区などが設けられている。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统