ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
2016年のベスト10慈善ニュースと人物
2017-01-10フォントサイズ: A A A

  寧波の慈善精神がよく発揮され、過ぎた2016年には相変わらず継がれている。近日、市の慈善総会、市の記者協会と寧波晩報が共同に「2016?寧波を感動する」ペスト10慈善ニュースと人物を発表した。

 

  「2016?寧波を感動する」ペスト10慈善ニュースと人物は以下のようだ(順番が関係ない):

「李さんが5年間以来、毎年50万元を寄付する」、「ディベロッパーが社区に2000平方メートルの会所を寄付する」、「寧波の朱さんの13年間に2.8億元を貴州の教育へ寄付する」、「19ヶ月の匿名振込み合計19万元を湖北省の女子へ寄付する」、「寧波慈善商店:寧波のバーゲンが最も少ない商店」、「寧波定年教師が山岳部に寄付して5箇所の希望小学を建設する」、「趙潔:「愛心長距離走」が止まらることがない」、「象山おばさんの一食の恩」、「寧海県の愛心を孤児へ」、「象山慈善総会の「天使リハビリ」項目が中央財政の支持を獲得する」。

 

  「40個あまりの封筒に1.9万元の慈善金」、「韓亜麗が15年間6名の貧困学生を卒業まで寄付し続ける」、「神秘ないい人――胡さんが6年間80万元あまりを寄付する」、「90歳代老人、質素な生活で、20年間に一千万近くを寧波大学に寄付する」、「北侖の「銀髪ボランティアチーム」が6年間に20名の死去者に葬式をしてあげる」、「80歳代の老党員が30年間に25万元を困難学生に寄付する」、「コンサイニグループ理事長の薛惊理の大愛無境」、「無名老人が賀寿せず慈善をする」、「毛青松:山岳部の子どもの親友」、「兄の重病に弟が骨髄を出捐、八方の援助により復活する」。

 

  紹介によると、「2016?寧波を感動する」ペスト10慈善ニュースと人物の選定活動が2004年から今年までにすでに連続13年に渡って継続的に行われてきた。去年11月に選定活動がスタートした以来、合わせて65件の慈善ニュースと人物を寄せ集めた。選考員たちが、2016年の慈善ニュースと人物が以下の六つの特徴があると評価している。一般民衆を代表する慈善人物が広範的に存在する、企業家の慈善人物がリート性がある、新しい慈善救助項目がある、愛心の伝染力がある、愛心の感染力がある、慈善ボランティアのブランド性がある。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统